雑草を放置するとトラブルに・・・草刈りで解決しよう!
これであなたも自分だけの庭を造れるかも!
育てやすい庭木を選んで気軽に庭造りを始めよう!
庭のお手入れはプロにお任せ!~業者に依頼するメリット~

効果的なアイテムを使っておしゃれな庭を演出しよう。

モダンな庭づくりのポイント

庭を造ると言っても、ただレンガや砂利を敷き詰めれば良いというわけではありません。配置の仕方にも色々な工夫が必要なのです。

アイデアを詰め込もう

スペースを生かす
庭を広く見せようと思ったら、敷地内ギリギリまでスペースを広げてしまう人が多いですが、ポイントは手前にオープンな空間を作ることです。それを意識するだけで庭を広く見せることができます。
曲線を取り入れる
花壇のように直線的になりやすい部分を曲線にすることで、庭全体を広く見せることができ、おしゃれな雰囲気を醸し出します。
ベンチやウッドデッキなど設置する
奥行きのある庭にするには、ベンチやウッドデッキをバランスよく配置することです。三角形を作ることで、遠近感が出て庭が広く見えます。
低木を使って視覚トリック作る
庭に木を植えるスペースがあるなら、手前に間隔をあけて低木を植えます。そしてその低木の隙間から見える部分に花を植えることで視覚トリックになり庭が広く見えます。

砂利・レンガ・ライトの魅力

白玉砂利は色んなものと相性抜群
レンガや石材などの他のアイテムとの相性も良く、何よりモダンな庭に最適なのが白玉砂利です。丸みのあるフォルムがおしゃれな雰囲気を醸し出します。大きさも様々なので、場所によってサイズを変えることで変化を持たせることができます。
レンガの質感が雰囲気を作ってくれる
レンガは時間が経てば経つほど深みが増していくのが特徴です。また、耐久性もあるため万里の長城やタージマハルといった世界遺産にもレンガが大量に使用されています。庭にレンガで小道を造れば、庭を歩くのが楽しくなるでしょう。
ライトの魅力
ライトの魅力は庭の植物やテーブルに照明を当てることで昼間とは違った雰囲気を作り出せるという点にあります。ライトを効果的に使用することで、いつもとは一味違った庭を演出することができるのです。

せっかく素敵に作った庭も雑草が邪魔をする

お洒落な庭を維持しようと思ったら、定期的に草刈りを行なう必要があります。家のイメージアップにもつながりますよ。

草刈りを定期的に行ない景観を維持しましょう

せっかくおしゃれな庭を造ったにも関わらず雑草が生えていてはもったいないです。日頃から草刈りを行なうことで、育てている植物の栄養を雑草に取られずに済みます。また、雑草がなくなることで花をより綺麗に見せることができ、庭の見た目もスッキリします。草刈りは年に3回行なうと良いでしょう。雑草が伸び始める6~7月、9~10月、11~12月が最適なタイミングです。

TOPボタン